paiza(パイザ)ラーニングの特徴・料金、評判・口コミ

paiza(パイザ)ラーニング

学習できる言語・スキル

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • C#
  • C
  • Python3
  • SQL
  • MySQL
  • Ruby on Rails
  • シェルコマンド
  • Git
  • AWS

受講料金

  • 無料会員
  • 月額無料
  • 有料会員 12ヶ月プラン
  • 月額600

その他サービス・特徴など

  • レッスンが豊富
  • 無料会員でも学習可能
  • ブラウザで簡単にコードが書ける

公式サイト:paizaラーニング

paiza(パイザ)ラーニングの特徴

paiza(パイザ)ラーニングは解説動画を見ながらプログラミング学べるオンラインの学習サイトで、コードを書いて書類選考なしで面接に進むことができる転職サイト「paiza」を提供するギノ株式会社が運営しています。

動画レッスンを見ながらブラウザ上でプログラミング言語を書いて実行できるので環境構築は不要。誰でもすぐにプログラミング学習をスタートできるのが魅力。

学習できるプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python3、Java、C、C#など様々。

一部のレッスンであれば無料で閲覧することも可能ですが、さらに理解を深めたい場合は有料会員プランに登録することで本格的にプログラミングが学ぶことができます。

有料プランであれば環境構築からポートフォリオ作成までサポートしてくれるので、IT企業へ転職をお考えの方は検討してみるのも良いでしょう。

paiza(パイザ)ラーニングのコースと料金

パイザラーニングの有料会員プランは「1ヶ月プラン」「6ヶ月プラン」「12ヶ月プラン」が用意されており、長期のプランほど利用料金が割安となります。

お試し初月無料特典もあり、12ヶ月プランであれば月額600円から利用できる手軽さは嬉しい。

月額料金
1ヶ月プラン 980円(初月無料特典あり)
6ヶ月プラン 680円(合計 4,080円)
12ヶ月プラン 600円(合計 7,200円)

※表示価格は税込みです

paiza(パイザ)ラーニングの支払い方法

パイザラーニングでは以下の決済方法に対応しています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

公式サイトによれば、各カードブランドのデビットカードやプリペイドカードで利用中の方も多いとのことですが、最終的な決済の可否はカード会社の判断になるため、場合によっては利用できない場合もあります。

確実に利用したい方はクレジットカードで登録するようにしましょう。
クレジットカードはVISA、MasterCard、Amex、JCB、Diners、Discoverが使えます。

paiza(パイザ)ラーニングの気になること

学習に必要なものは?

パイザラーニングはオンラインのプログラミング学習サービスなので、インターネット環境と講座を視聴するための端末、ブラウザが必要となります。

また、有料会員はクレジットカードなどが必要となります。

パソコン・ブラウザの推奨環境は以下のとおり。(2019年1月時点)

OS:Windows 7以降 / Mac OS X 10.7 以降
ブラウザ:Firefox・Chrome・Safari(Mac版) 各最新版

有料プランはどんなことができるの?

無料会員でも閲覧できない講座が視聴できたり、チケットなしで模範解答を閲覧することが可能になります。
また、再生速度を調整する機能も使えるので、より効率よく学習を進めることができます。

領収書は発行できる?

領収書の発行はできないようです。
クレジットカード会社が発行する利用明細書が領収書代わりとなります。

paiza(パイザ)ラーニングの評判・感想・口コミ

パイザラーニングの評判や口コミ、利用した感想などをまとめています。

paiza(パイザ)ラーニングの無料会員登録の流れ

paizaラーニングは無料会員でも一部の学習動画を視聴することができます。プログラミングに興味がある方はまず無料で試してみると良いでしょう。

ブラウザ上で解説動画やテキストを見ながらコードを打ち込むことができるのでプログラミング未経験の方にもおすすめです。

paizaラーニングの公式サイトTOPから登録手続きへ

会員登録のためにpaizaラーニングの公式サイトにアクセスします。

アクセスするとサイト内に「学習を始める(会員登録)」「新規登録」をクリックして、新規ユーザー登録に必要な下記項目を入力または選択してください。

  • メールアドレス
  • 生まれ年
  • 就業状況
  • 主な使用言語
  • 就職意思
  • パスワード

「提出コードを企業に匿名開示してオファーを受ける」という項目もあります。これにチェックを入れておくと、もしかしたら企業からコンタクトがあるかもしれませんので、転職を目指している方は入れておくと良いかもしれません。

これらを入力・選択したら、「規約に同意して登録する(無料)」ボタンをクリックすれば仮登録は完了です。

先程入力したメールアドレス宛に本登録完了ページのURLが記載されたメールが届いているはずなので、URLにアクセスすれば登録完了となります。

ログインボーナスもゲットした

登録完了後にそのままログインしたら「ログインボーナス」として、模範解答の閲覧やエンジニアへの質問にも使えるチケットもゲットしました。これはありがたいですね。

以上で無料会員登録は完了となります。
興味がある方は是非試してみてくださいね。

サポートを受けながら勉強したい方へ

「独学やオンライン学習だけではプログラミングを覚えるのが難しい」という方は、現役エンジニアなどによるサポートが受けられるプログラミングスクールがおすすめ。

特に自宅でいつでも勉強できるオンライン型のプログラミングスクールなら、外に出ることなく勉強できるので忙しい方にも最適です。

プログラミング学習サービスと比較して受講料金は高くなりますが、「エンジニアとして転職したい」「プロのウェブデザイナーになりたい」という方は、プログラミングスクールでしっかり勉強するのも一つの方法です。

受講料が無料のコースがある「GEEK JOB(ギークジョブ)」

GEEK JOB(ギークジョブ)

未経験からでも無料でプログラミングが勉強できて、転職もサポートしてくれるのがGEEK JOB(ギークジョブ)というプログラミングスクール。

受講料金を支払って学習するコースもありますが、短期間でIT業界に転職することを目標とした「スピード転職コース」は受講料がなんと無料。

ただし、このコースの主目的はプログラミング学習ではなく短期間での転職なので、とりあえずIT企業に転職しつつ、独学で勉強したい方にはおすすめ。

オンライン完結!受講料の安さが魅力のTechAcademy(テックアカデミー)

オンライン完結!受講料の安さが魅力のTechAcademy(テックアカデミー)

「フロントエンドコース」「Javaコース」「AIコース」などオンライン完結で様々な言語・スキルが学べるプログラミングスクール。

メンタリングやチャットサポートなどを受けることが可能で、「Webアプリケーションコース」でも約2ヶ月のコースで199,000円で受講可能。学生なら159,000円とかなりリーズナブルにプログラミングの勉強ができます。

また、12週間で未経験からプロのエンジニアを目指す「エンジニア転職保証コース」では「エンジニア転職保証」を用意。

受講終了後に転職が決まらなかった場合は受講料を全額返金してもらうこともできます。

テックアカデミーでは、プログラミング無料体験を実施しているので、気になる方は気軽に試してみるのも良いでしょう。

現役エンジニア専属コーチのサポートが受けられる「COACHTECH(コーチテック)」

現役エンジニア専属コーチのサポートが受けられる「COACHTECH(コーチテック)」

COACHTECH(コーチテック)は最短2ヶ月で稼げるエンジニアを目指すオンライン完結のプログラミングスクール。

短期集中型のスクールですが、現役エンジニア専属コーチによる手厚いサポートと一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムで未経験者でも効率良くプログラミング学習できるのが特徴。

特に未経験からフリーランスエンジニアになることを目標としており、専属コーチとの週次面談や学習計画の作成など専属コーチが手厚くサポートしてくれます。

2ヶ月コースは250,000円(税込)、3ヶ月コースでも300,000円(税込)と受講料はリーズナブル。
無料カウンセリングを実施しているので、気軽に相談してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました