Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)が勉強できるプログラミングスクール

Ruby on Rails

Rubyで作られているWebアプリケーション開発のためのフレームワーク

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)とは?

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)
Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)はWebアプリケーションを効率よくスムーズに開発できるように作られたフレームワークの一つで、様々な企業やサービスで導入されている人気の高いフレームワークとなっています。

Ruby自体、日本人によって開発されたプログラミング言語であり、直感的な文法で実装できることとインターネット上に日本語でのドキュメントや学習コンテンツが充実しているなど比較的プログラミング初心者にも優しいプログラミング言語と言えます。

また、Ruby on Railsはできるだけ少ないコードで開発できるよう考慮された設計であるため、大規模なWebサイトでも効率よく開発できるという特徴があります。
もちろん小規模なホームページを作成する際にも使うことができるので色々な場面で利用できるはずです。

実際にSNSや大規模なWebサービス、アプリケーションでも広く使われれているため、今後もRuby開発者が多く求められることが予想されます。

Ruby on Railsでできること

Ruby on RailsはWebアプリケーションフレームワークなので、WebサイトやWebアプリ、ECサイトの構築はもちろん、スクレイピングやゲーム開発など様々なことが実現できます。

Webアプリは幅広い意味合いがありますが、プラットフォームやSNSサービスなど大規模なWebサービスもRuby on Railsを使って開発することができるので、これから何かサービスを立ち上げて起業したい方にもオススメのフレームワークとなります。

もちろん、小規模のWebサイトも開発できるので色々な場面で利用することができます。

誰もが目にしたことがあるであろう大規模なWebサービスもRuby on Railsで作られていることもあるので、需要から考えてもRailsエンジニアになれば転職にも役立つ場合も多いと言えそうです。

Ruby on Railsの勉強方法

Rubyの理解を深めることも必要ですが以下ではRuby on Railsの勉強方法や勉強ができる学習サービスについて解説していきます。

これからRuby on Railsを勉強してWebサイトやWebアプリの開発を行い方は書籍やオンラインの学習サービスを活用して学習すると良いでしょう。

インターネットで検索してもRuby on Railsの導入方法や実際にWebサイトの構築方法まで紹介しているサイトは数多くありますので、色々と組み合わせて勉強しましょう。

プログラミング自体まったく経験がない方であれば、まずは無料から利用できるオンライン学習サービスで基礎を学びましょう。

なんせ無料なので「ちょっと興味があるから試してみよう」という感覚でもOKなので気軽に始めることができますよ。

実際に入門編に触れてみてより学習意欲がわいたら書籍の購入や中級~上級編が勉強できる有料プランへと進んで本格的にRuby on Railsを習得していくと良いでしょう。

無料で気軽に勉強できる「Progate」

Progate(プロゲート)

無料でRuby on Railsの基礎が学べる学習サービスで個人的におすすめなのがProgate(プロゲート)というサービスです。

スライドによる初心者でもわかりやすい解説とブラウザで実際にコードを入力しながら進んでいくので非常に理解しやすいです。

無料で勉強できるのは入門編の一部のレッスンだけですが、それでも初めてプログラミング学習を始める方であれば十分な内容なのでおすすめですよ。

プロゲートのレッスン一覧

プロゲートではRubyとRuby on Railsの学習コースが用意されているだけでなく、HTMLやCSS、JavascriptなどWebの制作には欠かせない言語も学べるのでプログラミング未経験者にも最適です。

有料プランでも月額980円(税込)とリーズナブルなので自分のペースで勉強したい方にも良いと思います。

プログラミング学習には欠かせない「ドットインストール」

ドットインストール

ドットインストールは2011年から運営されている初心者向けのプログラミング学習サイトで初級編の一部のレッスンなら無料で利用することができます。

HTML/CSSやJavaScript、jQuery、PHPなど様々なプログラミング言語が勉強できます。

Ruby(全26回)とRuby on Rails(全28回)の入門編は無料で誰でも学習できるので、先程ご紹介したプロゲートと一緒に勉強するのもおすすめ。

月額980円(税込)のプレミアムサービスに登録するとソースコードの閲覧、レッスン動画の速度変更など便利な機能が利用できるようになります。

動画講座を購入して本格的に勉強できる「Udemy」

Udemy(ユーデミー)

Udemy(ユーデミー)は世界最大級のオンラインの動画学習プラットフォームで、HTMLやCSS、JS、PHPなどのWeb系のプログラミング言語から、Java、Swift、Kotlinなどのスマホアプリ開発言語まで様々なコースが動画で学ぶことができます。

各講座は有料ですが、各分野で実績のある講師の講座なので本格的にRuby on Railsの勉強ができます。

執筆時点では以下の講座が販売されています。

  • Rails入門:基礎をSinatraで理解しRailsで作れるようになる
  • フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座
  • よくわかるRuby on Rails入門
  • 【3日でできる】はじめての Ruby on Rails 4 入門
  • Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム
  • 【最短30分でできる!】Ruby on Rails入門

他にもたくさんのRuby on Railsの講座が販売されているので気になる方はチェックしてみましょう。

冒頭部分は無料で視聴することができるだけでなく、購入した後も30日間返金保証があるので、思っていた講座内容と違った場合は返金してもらうこともできるので安心ですよ。

Ruby on Railsが勉強できるプログラミングスクール

独学でのプログラミング学習だと挫折してしまった経験がある方はプログラミングスクールで勉強するのも選択肢の一つとしておすすめです。

一人では解決できないエラーや問題でもプログラミングスクールなら講師に相談・質問ができるので挫折せずに継続的にプログラミング学習が進めやすいです。

オンラインでの受講も可能なスクールもあるので全国どこからでも勉強が可能で、空いた時間に効率よく学べますよ。

対面でのマンツーマンサポートでRoRが学べる「WEBCAMP」

WEBCAMP(ウェブキャンプ)

オンラインコースとマンツーマンでのサポートが受けられる「ビジネス教養コース」など受講スタイルが選べるWEBCAMP(ウェブキャンプ)でもRuby on Railsの学習が可能。

プログラミングコースではRuby、Ruby on Railsに特化して学習することができるので、すでにHTMLやCSSの知識がある方に最適なコースとなります。

ビジネス教養コースの受講期間は1ヶ月から3ヶ月まで。社会人は128,000(税別)からですが学生なら99,800(税別)から受講することができます。

無料説明会も実施しているので、気になる方は申し込みしてみては?

RubyとRailsがオンラインで学べる「CodeCamp」

CodeCamp(コードキャンプ)

オンライン完結型のプログラミングスクールでありながら、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが受けられるCodeCamp(コードキャンプ)では、RubyやRuby on Railsが勉強できる「Rubyマスター」コースが用意されています。

毎日7:00~23:40でレッスンを開講しているので、普段仕事している方でも空いた時間を使ってプログラミングを勉強することができます。

コードキャンプ「Rubyマスターコース」の学習カリキュラム

Rubyマスターコースの学習カリキュラムはHTML、CSS、JavaScript、jQueryも含まれるためWebサイトやWebアプリケーションを開発できるスキルや知識をまとめて覚えることができます。

受講料金は2ヶ月プランで148,000円で、別途入学金として10,000円が必要となります。

最長6ヶ月プランまで用意されているので、じっくり時間をかけてRuby on Railsをマスターしたい人にもおすすめ。

また、コードキャンプは無料体験レッスンを受講することもできるので安心して試すことができますよ。

Railsの基礎と実践で学べるコースがある「TECH BOOST」

TECH BOOST(テック ブースト)

現役エンジニアがメンタリングやエラー箇所の解決などしっかりサポートしてくれるオンライン型のTECH BOOST(テック ブースト)でもRuby on Railsが学習できるコースが用意されています。

学習できる言語・スキルはHTML、CSS、PHP/Laravel、Ruby、Ruby on Rails、データベースなどWeb系の言語が中心ですが、ブロックチェーン、AI、IoTなどのトレンド技術の中から一つ選んで基礎知識を学ぶことも。

ベーシックタームではRuby on Rails基礎が、ディべロップタームではRuby on Railsの実践が学習可能。
テックブーストの受講者であれば、渋谷にあるお洒落なオフィスが無料で利用することができることもできます。

受講料金は社会人が月額100,000円、学生は月額70,000円。

申込時に紹介者の名前を記入することで5%が割引される「ご紹介割引」や2人以上で申し込むと10%割引になる「お友達割引」も用意されています。

東京・名古屋・大阪にある教室でRailsが学べる「TECHCAMP」

TECH::CAMP(テック・キャンプ)

東京・名古屋・大阪にある教室があり、オンラインでの受講にも対応するTECHCAMP(テックキャンプ)ではRubyやRuby on Railsのほかに、HTML、CSS、Script、SQL、Pyhton、Swiftなど様々なプログラミングが学習できるプログラミングスクール。

スタンダードな「プログラミング教養」コースでは入会費用が198,000円必要ですが、月額料金は19,800円と比較的リーズナブルな価格設定となっているので、長期的に継続して学習したい方にはおすすめ。

1週間の無条件「全額返金」保証や「ご紹介割」「ともだち割」などの割引制度などサービス面も充実しているのも魅力的。

テック・キャンプは東京・名古屋・大阪などには複数の教室がある

東京には渋谷校、新宿校、池袋校、東京駅前校、御茶ノ水校、早稲田校があるので通いやすいのも魅力的。
無料の説明会・体験会も実施しているので気になる人は実際に試してみましょう。

オンラインのマンツーマンサポートでRailsが身に付く「TechAcademy」

TechAcademy(テックアカデミー)

週に2回ビデオチャットを使ったマンツーマンサポートや随時質問が可能なチャットサポートでオンライン完結型のプログラミングスクールながらしっかりサポートしてくれるTechAcademy(テックアカデミー)でもRubyやRuby on Railsが学習できるコースが用意されています。

「Webアプリケーションコース」ではHTML5、CSS3、SQL、Ruby、Ruby on Rails、BootstrapなどWeb制作には欠かせないスキルが勉強できる学習カリキュラムが組み込まれているのでプログラミング未経験者でも一通りの技術が学べます。

オンラインのオリジナル学習システムを利用してRuby on Railsの基礎や実践に近い形で開発を進めるので実践でも役立つスキルが効率良く学習可能。

4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
料金 社会人129,000円
学生89,000円
社会人179,000円
学生119,000円
社会人229,000円
学生149,000円
社会人279,000円
学生179,000円
メンタリング 7回 15回 23回 31回

Webアプリケーションコースは最短で4週間プランから最長で16週間プランから選ぶことが可能で受講料金は129,000円から。
学生なら89,000円とリーズナブルな料金で受講できます。

また、テックアカデミーでは学習を検討されている方向けに無料体験コースが用意されていて、学習システムを全て体験することができるだけでなく、オンライン教材や実際の開発ツールを使って本格的に学習することができるので、気になる方は気軽に試すことができますよ。

Ruby on Rails講座でしっかり学べる「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミー Web・ITスクール

ヒューマンアカデミー Web・ITスクールはオンラインだけでなく全国29校展開する教室でのサポートも行うプログラミングスクール。

受講スタイルはオンラインのみとなりますが、Ruby on Railsの基礎やブログアプリの開発を行う「Ruby on Rails講座」が用意されているのでしっかり学べます。

すでにHTMLやCSSの知識がある方に最適なので、キャリアアップしたい方や自分でWebサービスを立ち上げたい方におすすめです。

受講単位が8単位のRuby on Rails講座は72,000円(税抜)で受講可能。
オンラインスタイルなので全国どこからでも学習をスタートすることができますよ。

対面・オンラインでもRailsが勉強できる「DIVE INTO CODE」

DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード)

DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード)は対面だけでなくオンラインでの学習サポートにも対応したプログラミングスクール。

Ruby on RailsだけでなくHTML、CSS、JS、SQLなどが学べる「Webエンジニアコース」が用意されているので、Ruby on Railsを使ったWebアプリケーションを作成することができることが可能。

また、Webアプリケーションを開発し、新規事業を創造することを目的とした「新規事業創造プログラム」と就職することを目的とした「就職達成プログラム」から選ぶことができます。

エンジニアへの就職やキャリア相談などの無料カウンセリングや卒業後のアフターサポートも行うなど、サポート体制もしっかりしているのでプログラミング未経験者にも最適なスクールとなります。

Webエンジニアコースの受講料金は498,000円(税込)。別途、入会金として100,000円(税込)。

タイトルとURLをコピーしました