本ページはプロモーションが含まれています。

コードキャンプの目的別おすすめコースと選び方

CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコース コラム

CodeCamp(コードキャンプ)は様々なコースが用意されているので、コース選びに悩んでしまう方は多いと思います。

特にプログラミングについてほぼ何もわからない方や、目標が漠然としている方はコードキャンプのどのコースを受講したら良いのかわからないと思います。

コードキャンプは比較的料金が安いプログラミングスクールですが、それでも受講料は高額なので、失敗しないためにもコースの内容と自分の目標に合った学習コースを選ぶことが何より大事です。

そこでこのページでは、コードキャンプのおすすめコースと、コース選びで悩まないための3つのポイントについて解説していきたいと思います。

まずは、自分の目標を明確にする必要があるので、そこからスタートしましょう。

コードキャンプで自分に合ったコースを選ぶための3つのポイント

コードキャンプで自分に合ったコースを選ぶための3つのポイント

コードキャンプのコースは大きく分けて、プログラミングを学習するコースとWebデザインを学習するコースの2つのコースあります。

なので、まず自分が将来どのようになりたいかを考える必要があります。

Webデザインは、Webサイトを作るうえで必要なソフトの使い方や、サイトのデザインと見た目(外側)部分の構築がメインと考えてください。

そしてエンジニアは、サイトのデザイン(見た目)よりも、サイトの機能など動的な部分(内側)の構築がメインの内容です。
得意不得意はありますが、「何をしたいか?」で選ぶことも大切です。

「Webデザインを中心に学びたい」

「フロント側のコーディングをメインに仕事をしたい」

「プログラムを組んで動的なサイトを作りたい」

「サーバーサイドの言語を学習して大規模なWebアプリを開発したい」

など、まずは「Webデザイナー」か「エンジニア」選択しましょう。

また、あまりオススメしませんが、デザインからプログラミングまで一人で対応したいという方も、コードキャンプではそのどちらも学習できるコースがあります。

ある程度方向性が決まったら、どのスキルやプログラミング言語を習得したいかを考えます。

開発言語は、収入に直結することもあるので、需要が高い言語や転職に有利になりそうなプログラミング言語を選ぶのがおすすめ。

転職?それともフリーランス?目標に合ったコースを選ぶ

転職?それともフリーランス?目標に合ったコースを選ぶ

プログラミングスクールに通う前提でプログラミングの勉強を始めようと検討されている方は、何かしらの目標があるかと思います。

エンジニア不足の時代なのでプログラミングのスキルを身につけて転職を考えている方は多いと思いますが、中にはフリーランスで自由は働き方を目標にしている方もいるはずです。

コードキャンプは、転職することを目標とするコースや、フリーランスとして実績作りにもなりやすい「Webデザイン副業コース」など様々なコースがあります。

自分の目指す方向性を決めれば受講すべきコースは何となく見えてくると思います。

言語・スキルは何を学習したいか

言語・スキルは何を学習したいか

開発言語、学習したい言語、身につけたいスキルが決まっている方は、さらにコースが絞り込まれます。

コードキャンプでは、エンジニアを目標とするコースではPHP、Ruby、Java、JavaScriptが主な学習言語になります。

Webデザインコースでは、HTML/CSS、JavaScript基礎、Photoshop、Illustratorなどのスキルが主な学習内容となります。

目標と学習言語が決まれば、自然と受講に最適なコースが決まってくるはずです。

サポートの必要性

サポートの必要性

転職が目標の場合、就職・転職のサポートが必要かどうか決めておくと、コードキャンプのコースを選びやすくなります。

コードキャンプのエンジニア転職コースには、キャリア支援・転職活動支援がありますが、プログラミングの習得と転職に自信がある人は、より受講料金が安いコースで十分かもしませんし、逆に自信がない方はエンジニア転職コースでサポートを受けながら就職活動したほうが良い結果になるかもしれません。

サポートが充実すると料金は高くなる傾向にあるので、予算などを考慮してコースを選びましょう。

コードキャンプのおすすめコース

自分の目標や学びたいプログラミング言語が決まれば、あとは自分に合ったコードキャンプのコースに申し込むだけです。

  • 未経験から手厚いサポートでエンジニアとして転職が目標なら「エンジニア転職コース」
  • 就職活動は自分の力でWeb系エンジニアを目指すなら「プログラミングコース」
  • 副業で稼ぐ&今後ステップアップするなら「Webデザイン副業コース」
  • スタートアップ企業へ転職なら「Rubyマスターコース」
  • Webデザイン・プログラミングの両方を学習したいなら「オーダーメイドコース」

未経験から転職はなかなか大変なので、より成功率を上げるため、キャリア支援・転職活動支援があるエンジニア転職コースがおすすめですが、転職支援は不要で受講料金を抑えたい方は「プログラミングコース」がおすすめです。

そもそもWebデザイナーの仕事に就きたい人や、副業で稼ぎながら実績を積みたい人は「Webデザイン副業コース」がおすすめ。

スタートアップ企業へ転職が目標であれば「Rubyマスターコース」。
色々なスキル・言語を学習したいなら「オーダーメイドコース」という選択肢もあります。

Web系エンジニアを目指すなら「プログラミングコース」

Web系エンジニアを目指すなら「プログラミングコース」

コードキャンプのプログラミングコースは、プログラミング未経験からWeb開発に挑戦するスタンダードなコースと言えます。

Webサイト作るための基礎的な知識やJavaScript、PHPの学習やLaravelを使った開発などWeb開発で必要な知識・スキルが一通り学習できます。

スキルを習得して転職を考えている方や、フリーランスや副業で稼ぎたい方など幅広い方におすすめのコースです。

エンジニア講師によるレッスンは無料ビデオ通話を利用したマンツーマンレッスンなので、自分のペースでの学習や質問ができます。

プログラミングコースは「2ヶ月プラン」「4ヶ月プラン」「6ヶ月プラン」の3つのプランから選ぶことが可能で、受講料金は198,000円から受講できます。

【このコースのおすすめポイント】

  • 受講料が安め
  • フリーランスを目指す人にもおすすめ
  • 現役エンジニア講師によるサポートあり

未経験から手厚いサポートでエンジニアとして転職が目標なら「エンジニア転職コース」

未経験から手厚いサポートでエンジニアとして転職が目標なら「エンジニア転職コース」

未経験からエンジニアとして転職の成功率を上げるなら、キャリア支援・転職活動支援付きのエンジニア転職コースがおすすめ。

PHPやLaravelの習得は、プログラミングコースと共通の内容ですが、エンジニア転職コースは効率の良いチーム開発に必要なツールの理解や、他の開発メンバーも理解しやすいコーディングの仕方など、より実務に近いスキル習得が可能です。

また、修了後のオープンバッジ発行や、専属エンジニアメンターの推薦状発行などのサポートもあります。

ただし、エンジニア転職コースは年齢制限はありませんが、書類選考を通過する必要があるので、誰でも受講できるというわけではありません。

エンジニア転職コースは、満足できなかった場合、受講開始後20日以内に申請することで返金してもらえる全額返金保証があるので、初めて受講する方でも安心。

4ヶ月の受講期間で料金は入学金込みで594,000円(税込)。

【このコースのおすすめポイント】

  • 転職活動支援がある
  • 実践的なチーム開発演習あり
  • 全額返金保証が付いている

副業で稼ぐ&今後ステップアップするなら「Webデザイン副業コース」

副業で稼ぐ&今後ステップアップするなら「Webデザイン副業コース」

「子供の面倒をみながら自宅で仕事をしたい」「リモートで空いた時間に仕事をしたい」「スキルを身につけて、副業でよりお金を稼ぎたい」という方におすすめなのが、コードキャンプのWebデザイン副業コースです。

このコースの魅力は、Webデザインに必要な知識習得はもちろん、受講期間によっては講師のサポートを受けながら実際に副業に挑戦できること。

一人では不安な最初の仕事でも、困ったことがあれば講師に質問することができるので安心して第一歩が踏み出せます。

Webデザインコースなので、Webサイトのデザインやバナーの作成、UIデザイン、コーディング、LP制作など学習内容は幅広いので、修了後は自分のペースで色々な仕事を引き受けることも可能です。

Webデザイン副業コースは、4ヶ月間と6ヶ月間のプランから選択が可能。
各プラン、現役Webデザイナー講師によるサポート・オンラインレッスンが受けられるので未経験者でも安心して受講できます。

料金は4ヶ月間の受講期間で429,000円。

【このコースのおすすめポイント】

  • 子供がいる女性にも最適なコース
  • 現役Webデザイナー講師によるレッスン付き
  • 少しづつステップアップしたい人にもおすすめ

スタートアップ企業へ転職なら「Rubyマスターコース」

Rubyマスターコース

コードキャンプのRubyマスターコースは、スタートアップ企業へ転職を目指すなら人気のRubyと、効率良くWeb開発できるRuby on Railsが学べるコースです。
学習したい開発言語がRubyと決まっている方にはおすすめのコースとなります。

学習カリキュラムは、HTML、CSS、JavaScript、Ruby、jQuery、Ruby on RailsとWeb開発に必要なスキルは一通り学習できます。

Rubyマスターコースでも、現役エンジニア講師によるビデオ通話を利用したオンラインレッスンや、キャリアコンサルタントへのキャリア相談などのサポートも。

受講期間は2ヶ月プラン、4ヶ月プラン、6ヶ月プランが用意されており、2ヶ月プランなら198,000円で受講できます。

【このコースのおすすめポイント】

  • Rubyに特化したコース
  • 受講料金が安め
  • 現役エンジニア講師によるサポートあり

Webデザイン・プログラミングの両方を学習したいなら「オーダーメイドコース」

オーダーメイドコース

オーダーメイドコースは、コードキャンプの30種以上のカリキュラムが学び放題のコースで、Webデザインとプログラミングの両方が学習できます。

HTML/CSS、JavaScriptのフロントエンドの学習はもちろん、Photoshop、Illustratorの学習、データベース操作やサーバーサイド言語の学習など幅広く学べます。

講師は自由に指名することができ、現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスンやチャットサポートも付いています。

受講期間は2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月のプランがあり、2ヶ月間でレッスン数20回のプランなら入学金込みで308,000円(税込)。

【このコースのおすすめポイント】

  • 全カリキュラムが学び放題
  • 1つのコースでWebデザイン・フロントエンド・バックエンドが学習できる
  • 現役エンジニア講師のレッスン・チャットサポートあり

記事を書いている人

記事を書いている人Private Works

STUDY CODEの運営や記事の執筆は、Web制作やWebメディアを運営している個人事業(フリーランス)や、Web制作・プログラミングに精通したライターによって提供しています。詳しくはこちら

スポンサーリンク
コラム
studycode-adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました