プログラミング勉強を始めるのに最適な時期とは?

オンラインプログラミングスクールを始めるのに最適な時期 コラム

社会人の方で新たにプログラミングを勉強して転職したり起業したいとお考えの方も中にはいらっしゃると思います。

オンラインのプログラミングスクールや学習サービス、書籍やインターネットでの情報を活用して完全に独学で勉強を進める方法など人によって学習の進め方は様々ですが、勉強を始める時期は意外と重要だったりします。

例えば、オンライン型のプログラミングスクールは短期集中型の学習方法が主流ですので、できるだけ多くプログラミング学習ができる時期に受講するのがおすすめです。

社会人の方であれば日々の生活に必要なお金はもちろん確保しなければなりませんので、働きながら勉強するならまとまった休みが取れる時期に申し込むと、よりプログラミング勉強の時間が確保しやすくなります。

プログラミング学習は短期間に集中して覚えるほうが効率が良いことも

プログラミング勉強する場合は長期間ズルズル勉強するよりも、短期間で一気に学習したほうが効率良く学習できることがあります。

もちろん長期でも毎日しっかり勉強していれば別ですが、長期間の学習だとどこかのタイミングで勉強する時間が取れなくなったり、サボってしまうことがキッカケで挫折してしまうリスクがあるため、短期間で内容が濃い勉強をしたほうがプログラミングスキルが身に付くというわけです。

なので社会人の方でプログラミングを勉強して転職したり起業したい方は、期間内でできるだけ沢山勉強できる時期にプログラミング学習を開始すると、その分プログラミングの知識やスキルが多く身に付くことになります。

例えば大型連休を利用したり、求職中の期間での勉強やプログラミング勉強のためのライフスタイルに変えたりすることも選択肢の一つとなります。

CodeCamp(コードキャンプ)のオンライン学習イメージ

今はプログラミングが学べるオンラインの学習サービスプログラミングスクールもあるので、目標とするキャリアや作りたいサービスと自分の今現在のスキルを考えて最適な勉強方法を選択しましょう。

もちろん、プログラミングが勉強できる書籍も数多く販売されているので、全て独学で進めていく方法もあります。

まとまった休みが取れる時期にプログラミングスクールに受講する

プログラミング学習は短期間に集中して覚えるほうが効率が良いことも

仕事をしながらのプログラミング勉強はとても大変です。
家庭環境や仕事量にもよりますが、どうしても仕事が中心になりますので、プログラミング勉強に使える時間の確保が難しいです。

場合によっては1日に1時間の日もあれば、寝る時間を減らして何とか数時間確保する日もあるかもしれません。

私がプログラミングの勉強を挫折した4つの理由でもご紹介していますが、勉強しない期間をあけてしまうとせっかく覚えたことを忘れてしまい、また一から勉強し直すということもでてきます。

なので、大型連休や有給が使いやすい時期を利用するなど、少しでも勉強する時間を確保しやすい時期にプログラミング学習を開始するのがおすすめです。

特にプログラミングスクールにように受講期間が決まっている場合は、できるだけ勉強できる時間が確保しやすい時期に開始するほうがプログラミングスキルがより身に付くことになります。

求職中にプログラミングの勉強をする

求職中の方で一定の条件を満たす場合は、求職者支援訓練として国からの補助を受けながら勉強することも可能です。

求職者支援訓練はオンラインのプログラミングスクールでは実施していませんが、プログラミングを教える教室などで募集している場合もあるのでハローワークなどで探してみると良いでしょう。

求職中にプログラミングの勉強をする方法は、独学のみだと短期間での習得が難しい場合もあるので、お金に余裕があれば全国どこからでも受講できるオンラインのプログラミングスクールで勉強する方法がおすすめです。

もちろん独学でも同様に学習可能な人もいるかもしれませんが、たいてい解決できないエラーなどが発生するので、自分で解決するよりも講師に質問や相談ができる環境があるほうが有利です。

プログラミングスクールによっては1ヶ月間で受講できるコースがあるので、短期間で集中して学習したい方にもぴったりだと思います。

アルバイトしながらプログラミングスクールで勉強する

かなり泥臭い方法ですが、転職することが目的であれば仕事をしながらのプログラミング勉強が難しい場合は、仕事を辞めてプログラミングの勉強に集中する方法も一つだと思います。

プログラミング学習をメインにしながら、時間の融通がききやすいアルバイトなどで何とか生活していく方法です。

プログラミングスクールは受講期間が1ヶ月~6ヶ月間くらいのコースが多いので、その期間は集中してとにかくプログラミングの基礎を覚えて、応用できるまでのスキルを身に付けましょう。

できれば実際にWebサイトやWebアプリを制作するなどして、就職にできるだけ有利になるポートフォリオを作るようにしましょう。

ただし、プログラミングスクールを卒業したからといって必ずしも就職できるとは限りませんので、この勉強方法はそういったリスクがあることは覚えておく必要があります。

プログラミングスクールで受講するお金がない方は無理はせず、書籍やインターネットを活用するなどお金をかけずに勉強できる方法で進めていきましょう。

無職の時期にプログラミング勉強に全てを捧げる

無職の時期にプログラミング勉強に全てを捧げる

何らかの理由で仕事を辞めて完全な無職となってしまった時期をプログラミング勉強に使う方法もあります。
大事なことはプログラミング学習に全てを捧げることです。

ただし、この勉強方法は職歴に空白期間ができてしまうことは覚悟しておく必要があります。短期間であれば問題ない場合もありますが。。

企業によっては経歴よりも実力を重視するケースも多いはずなので、無職の期間に必死に勉強してきたことをアピールして、実際に開発したアプリなどがあれば採用に繋がるかもしれません。

もちろんこの勉強方法もプログラミングスクールを卒業したからといって必ずしも就職できるとは限りませんが、短期間でも相当なスキルと経験を積めば就職できる可能性はある思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました